ハウスキーピング協会 ライブラリー

  • お問い合わせ

アンカーズ・ヒーロー 愛してやまないゴミ屋の整理収納

2019年10月24日

片付けられない気持ちにやさしい錨を下ろす奴がいる  遺品整理の現状に迫るプロ集団を率いる現役社長の自伝的ドキュメンタリー

価格
1,100円
仕様
電子書籍
発売日
2019年10月24日
出版社
ハウスキーピング協会
執筆者
小林秀樹

購入する

片付けられない気持ちにやさしい錨を下ろす奴がいる  遺品整理の現状に迫るプロ集団を率いる現役社長の自伝的ドキュメンタリー

ヒーローはさまざまな場所に存在する。しかし、そのヒーローは誰もが羨望の眼差しを向けるようなスポットライトを浴びているとは限らない。 船乗りだった父の武勇伝に憧れを抱くその影で、鬱屈した青春時代を過ごした青年が、ゴミ屋を引き継いだ先で見たのは、人生の最後に遺されたさまざまなモノたち。雪をかぶる自転車、ひっそりと運ばれる布団、モノ言わぬモノが彼に語り掛けたこととは……。 超高齢社会の現在、向き合わなくてはならない現実を背景に、仕事人として、一人の人間として灯し続けたい温もりが詰まった「お片付けのプロ集団アンカーズ」の現役社長が語る自伝的ドキュメンタリー。

この記事をかいた人

小林秀樹(こばやし・ひでき)

小林秀樹(こばやし・ひでき)

2004年父の経営する㈱環境管理センター入社。廃棄物処理の現場に身を置き、モノの整理・家族間のいさかいに頭を抱える高齢者の姿、遺品整理・ごみ屋敷等多くの社会問題に直面。「単なるゴミ屋では対応できない、専門スキルを持ったプロ集団が必要だ」と、会社の可能性を強く感じ、2013年“モノいっぱいからの解放”をミッションに掲げた「お片付けのプロ集団アンカーズ」を立ち上げる。実は、もと潔癖症。だからこそ「モノの整理を通じて、心の”棘”が抜ける瞬間」を大切に、一人ひとりのお客様と日々向き合っている。 2019年(一社)ハウスキーピング協会 整理収納コンペティションプロフェッショナル部 門にてグランプリ受賞 株式会社環境管理センター代表取締役/整理収納アドバイザー1級