ハウスキーピング協会 ライブラリー

  • お問い合わせ

禅に学ぶ台所しごと

2016年10月31日

忙しくても心を整えて丁寧に暮らせるコツは?

ー禅寺には暮らしの知恵がたくさんありましたー
実際に禅寺を取材し、修行僧が受け継いできたお寺の知恵を家庭用にアレンジ。
時間を区切って家事をする、献立ルールで迷いをなくす、3つの道具で磨きあげるなど
忙しくても、ていねいに暮らせる、さまざまな方法を写真とともに紹介しています

目次
はじめに
●第1章
心が整う 台所しごと
●第2章
心が整う 食
●第3章
心が整う 掃除
●第4章
心が整う 禅のことば
価格
1,296円(税込)
仕様
単行本/141ページ
発売日
2016-10-27
出版社
リベラル社発行、星雲社発売
執筆者
小川 奈々

購入する

本を書いたきっかけ

本を書いたきっかけ

家事に向き合う禅の心得が興味深いと思った為

生きて行く上で絶対に欠かせない食。外食・お惣菜を買って来る・家で料理するなど色々な方法があるかと思います。そして食器洗い。食洗機が主流な中、我が家は未だ手洗いです。レシピも沢山あり過ぎるけど、使いこなせているでしょうか?多くの情報に振り回われていないでしょうか?そんな疑問を抱く中、昔の日本人の暮らし方に興味が湧き、紐解いて行く内に禅の思想に出逢いました。そこには、調理の仕方から道具の扱い方まで、こういう気持ちで向き合えばいいんだ!と目から鱗の内容が。選択肢が多過ぎて複雑になってしまった家事を、今一度シンプルに捉え直し、現代風にアレンジしてお伝えしてみたい、そう思ってこの本が生まれました。

本のポイント

本のポイント

どうせやるなら前向きに気持ちよく取り組む

ご飯を作る・掃除をする・片づけをする。どれも生きる上でとても大切な事なのに、結構面倒な作業だったりします。モチベーションを維持するにはどうしたらいいのか。何の為にどんな気持ちで向き合って行けばいいのか、根性論だけでは続かないけどこの考え方なら続きそう☆と思わせてくれる「根拠」が、沢山秘められています。

読者に一言

読者に一言

短い時間でも気持ちを込めれば大丈夫

働く女性が増えた現代において、専業主婦世代の母親達と同じ様に家事をこなせない事に、ストレスを感じていないでしょうか?仕事を抱えながら家事と両立させるには、段取りがとても大切です。やる事が重なって気持ちがざわつきそうな時、この本をそっと開いて深呼吸してもらえたら嬉しいです。